メニュー

嗅覚障害

嗅覚障害とは、臭いがわからない、臭いがしないのに異臭を感じるなど、臭いに関する障害の総称です。

臭いは味覚にも関係するので、嗅覚に障害があると味覚にも障害が発生することがあります。
副鼻腔炎の症状として臭いを感じづらいこともありますが、臭いを感じる神経に障害が発生して嗅覚障害が起きることもありますので、早期に耳鼻咽喉科を受診しましょう。

嗅覚障害の症状

  • 臭いがわからない
  • 臭いがわかりづらい
  • 臭いが無いのに異臭がする
  • 少しの臭いでも強烈に感じてしまう
  • 別の臭いに感じる

などの症状があります。

嗅覚障害の治療

嗅覚障害の治療は症状や程度によって異なります。

副鼻腔炎など鼻の病気が原因である場合は、そちらを治療することで症状が改善します。
その他ステロイド剤の点鼻を使用することもあります。また、ネブライザーで薬剤を鼻から吸入することも有効です。

嗅覚障害の原因

嗅覚障害は、呼吸性嗅覚障害、末梢神経性嗅覚障害、中枢性嗅覚障害に分かれます。

呼吸性嗅覚障害は、鼻の中が腫れるなどしてにおいの分子が臭いを感じる細胞に到達できないことで発症するもので、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症などが原因となります。

末梢神経性嗅覚障害は、においを感じる細胞に障害が起きることが原因で、ウイルス感染や、有害物質、加齢などが原因となります。

中枢性嗅覚障害は、嗅神経より中枢側の障害によるもので、アルツハイマー病、パーキンソン病などが原因となります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME