メニュー

子供の鼻の洗浄について

鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)について

mask_kafun_woman小さな子供や、小学生くらいのお子様は保護者の方に上手く症状を伝えられず、発熱や頭痛があった場合、本当は違う病気が原因であっても風邪と早合点してしまうことがあります。

例えば急性中耳炎の場合、発熱に加えて耳に痛みがあるので、風邪とは区別しやすいのですが、滲出性中耳炎の場合、ほとんどの場合耳に痛みはありません。さらに発熱もそれほどひどくないため、風邪の初期症状と勘違いされがちです。
しかし、実際には鼓膜の奥の中耳に液が溜まっており、音が聞こえづらくなっているため、言語習得が遅れたり、治療が遅れると癒着性中耳炎になる場合があります。

副鼻腔炎も同様に治療が遅れると慢性化し、長期に渡っての治療が必要となります。

ですから、それらの原因となる鼻水を吸引し、それでも残る鼻水は鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)をしてしっかりと排出することが何よりも大切です。
小さな子供の患者様もそうですが、大人の方も鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)を行うと、鼻づまりや頭の重たい感じがかなり改善されすっきりとした状態になります。

当院の鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)

当院では患者様に合わせた器具を用い、鼻の吸引(鼻吸い)を行った後、鼻の状態を確認して、鼻水が残っていれば鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)を行います。
原理は鼻うがいと同様ですが、当院では鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)の前に鼻の奥を広げる処置を行ってから専用の器具を用いて洗浄を行いますので、ご自宅で鼻うがいをしても鼻の通りが改善しない患者様にも有効です。

当院では小学校低学年のお子様であればご希望を伺った上で、必要に応じて鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)を行います。

最後に

鼻水や鼻づまりは小さな子供にとっては、中耳炎や副鼻腔炎の原因となったり、学習に集中できなかったりと良くない影響がありますし、成人の方にとっても、頭がぼーとして仕事や運転に影響を与えますので、鼻水や鼻づまりでお困りの方は一度ご来院ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME