メニュー

当院の特徴

耳鼻咽喉科が治療する領域は外からでは見えないことがあります。

顕微鏡などの機器を使用し、患部を確認しながら治療を進めることもありますが、患者様にも確認していただいたほうが良いと判断したもの、よりクリアに患部を確認する必要があると判断したものについては積極的にファイバースコープを使用するようにしています。

ファイバースコープ

いわゆる内視鏡のことで、患部をモニターに写すことができます。
外からでは見えない部分もクリアに見る事ができ、病変の確認や、症状の確認に有効です。

さらに、患者様ご本人や、ご家族の方、保護者の方にも患部を確認していただきますので、安心して治療を受けていただけます。
また、症状は治まっていても完全に治癒していないような場合に、画像で実際の病状を確認していただくことで理解していただきやすく、完全に治癒するまで通院していただくことができ、治癒率の向上にも効果を発揮しています。

当院のファイバースコープ

fiber

当院で使用しているファイバースコープはお子様でも使用できる細径のもので、のどの奥を見る場合でも鼻からファイバースコープを入れるため、痛みや苦しさはまったくといってよいほどありません。

小さな子供の場合、恐怖心から泣き出してしまう場合もありますが、子供でも痛みはありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME