メニュー

インフルエンザ

sick_guai_warui_manインフルエンザは風邪とは違い高熱、関節痛や筋肉痛、頭痛など全身の症状が強く表れることが特徴です。
例年11月~12月に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。

また、近年夏にインフルエンザが流行したこともありますのでいつもの風邪と違うな、と感じたらお早目に近くの医療機関を受診されることをお勧め致します。

インフルエンザの症状

  • 高熱
  • のどの痛み
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 関節痛や筋肉痛
  • からだのだるさ

インフルエンザは重症化し肺炎やインフルエンザ脳症になることがありますので子どもや高齢の方は特に注意が必要です。
また、成人でも重症化するケースがありますので注意しましょう。

インフルエンザの治療について

治療には抗インフルエンザウイルス薬を使用します。
このお薬は、体内でインフルエンザウイルスが増殖するのを防ぐお薬ですが、体内で増殖しきってからでは効果が無いため、発症から48時間以内に使用する必要があります。
お薬は飲み薬、吸入薬、点滴薬がありますが、当院では飲み薬と吸入薬から年齢や症状によって選択します。

抗インフルエンザウイルス薬と共に症状を抑えるために解熱剤や咳止め痰切りを処方致します。

インフルエンザの原因

インフルエンザウイルスに感染することで発症します。
ウイルスはA型、B型、C型の3つに分類されますが、流行するのはA型とB型です。

インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみに含まれるウイルスを呼吸と共に吸い込むことで、粘膜に付着し体内に侵入します。
侵入したウイルスはのどや気道、肺で急激に増殖し、感染2日後にはピークを迎え、その後減少します。

インフルエンザの流行気はこまめにうがい手洗いをし、人込みに行く際はマスクをするようにしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME