メニュー

副鼻腔炎

目や鼻の周りにある空洞に鼻を通して細菌が感染し、膿が溜まる病気です。

頭が重く感じたり、鼻の中に異臭を感じたり、頭痛が起きるなど患者様によって様々な症状が現れます。
通常、風邪などに引き続いて急性副鼻腔炎を発症し、3か月以上症状が続くと慢性副鼻腔炎と呼びます。

副鼻腔炎の症状

  • 鼻づまり
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 頭重感(頭が重く感じること)
  • 頬の痛み
  • 嗅覚低下(臭いがわかりづらい)
  • 後鼻漏(鼻水が喉に落ちる症状)
  • 後鼻漏に伴う咳や痰

などの症状があります。
患者様によっては歯が浮いたように感じられる方もいらっしゃいます。

副鼻腔炎の治療

副鼻腔炎はまず、鼻の中の粘膜の腫れを取り、副鼻腔に溜まっている鼻水や膿を外に出して、鼻の通気をよくすることが基本です。

以前では副鼻腔炎の治療というと手術が第一選択肢であることもありましたが、現在では少量の抗生剤を長期間服用する方法が一般的であり、薬だけで治る方も随分多くいらっしゃいます。
当院では薬の処方に加えて鼻の洗浄を重視しており、副鼻腔炎の患者様にもしっかりと鼻を洗うようにしています。

 慢性化してしまった副鼻腔炎の場合、状況によっては手術が必要となる場合がありますので、その場合は近隣の病院を紹介致します。

副鼻腔炎の原因

副鼻腔は通常鼻と繋がっており、そこから換気が行われたり、何かのきっかけで入ってしまった鼻水が出てきたりします。
しかし、鼻の粘膜が腫れていると副鼻腔の換気が行われず、風邪などを原因とする鼻の中の炎症が副鼻腔にまで広がり、副鼻腔炎を引き起こします。

またウイルスや、細菌が鼻の中を通って副鼻腔に侵入し、炎症を起こすことで副鼻腔炎になることもあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME