メニュー

子供の鼻の吸引について

鼻の吸引(鼻吸い)について

hana_kosuru鼻水は、体内に侵入してきた細菌やウイルスを体の外へ排出する役割を持っています。
大人であれば鼻水が溜まる前に自分でかむことができますが、幼児などの小さなお子様や、うまくかめない子供は鼻水が溜まってしまいます。

鼻水が溜まってしまうと、耳管と呼ばれる鼻と耳を繋ぐ管を通して耳に細菌などが感染し、中耳炎を発症します。また、溜まった鼻水は副鼻腔炎(蓄のう症)の原因にもなります。
どちらの病気も一度発症すると治癒するまでに時間がかかります。
さらに中耳炎は難聴の原因になったり、言語習得中の子供が発症すると聞こえづらさから言語習得が遅れる場合があります。
副鼻腔炎(蓄のう症)にかかると嗅覚障害の原因となったり、小さな子供の場合は滲出性中耳炎というやっかいな中耳炎の原因となる場合があります。

そのため、鼻水が溜まっているようであれば耳鼻咽喉科にて専用の器具を使用して鼻水の吸引(鼻吸い)を行われることをお勧めいたします。

当院の鼻水の吸引(鼻吸い)

当院では鼻水の吸引(鼻吸い)をする際に2種類の器具から患者様に合わせたものを選択し、しっかりと鼻水の吸引(鼻吸い)を行います。

オリーブ管

オリーブ管先端が丸くなっているので、粘膜を傷つける恐れが少なく、主に幼児や、小さなお子様に使用します。鼻の奥まで挿入することはできませんが、しっかりと吸引を行うことで、鼻の奥に溜まっている鼻水も吸引することができます。

金属製吸引管

金属管先端が細く、鼻の奥まで入れることができますので、鼻の奥に溜まっている鼻水を直接吸引することができます。小学生や耳鼻咽喉科の治療に慣れている子供に使用します。

どちらの器具を使用しても耳鼻咽喉科の医師が使用することでしっかりと鼻水を吸引することができます。
当院では鼻の吸引(鼻吸い)を行っても鼻水が鼻の奥にある場合に、鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)を行います。
鼻の洗浄(副鼻腔洗浄)について詳しくはこちら

最後に

お子様の健康維持において重要なことは、鼻水を溜めてしまわずに、しっかりと吸引し鼻の中を良い環境に整えることです。
保護者の方が「風邪ぎみだな。」「鼻水が気になるな。」と思われたら早めにご来院いただき鼻の吸引(鼻吸い)をしていただくことをお勧めします。
豊能町の小中学校、幼稚園や保育園および、箕面森町の幼稚園や保育園の校医を務めていますが、検診の際に鼻水が出ている子供をよく見かけます。
たかが鼻水、たかが風邪と侮らずに中耳炎や副鼻腔炎(蓄のう症)になる前に耳鼻咽喉科で鼻の処置をうけましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME