メニュー

慢性中耳炎

sick_memai

急性中耳炎が完全に治癒せず、中耳が慢性的な炎症状態になったものです。
鼓膜に穴が開いたままとなり、耳小骨と呼ばれる音の振動を伝える骨にまで影響を及ぼすため聞こえが悪くなります。

さらに真珠種性中耳炎と呼ばれる症状の進行が早く、中耳周辺の骨を破壊する特殊な中耳炎もあります。こちらは真珠種が大きくなるにつれて骨が破壊され、めまいや、顔面神経麻痺など様々な合併症を引き起こす可能性があります。

慢性中耳炎の症状

  • 耳だれ
  • 難聴
  • 耳鳴り

患者さんによってはめまいなどを伴う場合があります。

慢性中耳炎の治療

医師による耳の清掃などの処置と、抗生剤や、点耳薬で炎症をコントロールし、耳だれを抑えることができます。
しかし、鼓膜に穴が開いた状態のため、簡単に症状が再発します。

根本的に治癒させるためには鼓膜の穴をふさぐ手術が必要です。手術を希望される方は近隣の総合病院を紹介致します。

慢性中耳炎の原因

慢性中耳炎は、幼少期の頃に中耳炎を繰り返していて適切な治療を行わなかった場合や、長期間中耳に炎症がある状態のままにしておくことが原因です。

また鼻と耳を繋ぐ耳管の働きが悪いことも原因となります。
子供はかぜから急性中耳炎になりやすいので、慢性化させないためにも早期に治療を行うようにしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME