メニュー

滲出性中耳炎

miminari

滲出性中耳炎は痛みがあまり無く、発熱もない場合があり、保護者の方が疾患に気が付かないことがあります。

子供の場合、家族の方が呼びかけても振り返らない、テレビの音を大きくするなど、聞こえが良くなさそうであれば早期に耳鼻咽喉科を受診することをお勧めいたします。

滲出性中耳炎の症状

  • 難聴
  • 耳が詰まった感じ
  • 耳鳴り

発熱や耳の痛みなどを伴うことはあまりありません。
聞こえに影響を及ぼしますので幼小児の場合、言語習得が遅れることがあります。

滲出性中耳炎の治療

鼓膜の状態や、聞こえの状態を確認し症状の度合いを確認した上で治療を行います。
滲出性中耳炎の治療のポイントは、「しんぼう強く治療」をすることです。耳の治療だけでなく、原因となっている鼻やのどの治療も行うことが大切です。

難治性の場合

治療を継続してもなかなか治癒しなかったり、再発を繰り返す場合は鼓膜切開や、鼓膜チューブ挿入術と呼ばれる切開した鼓膜にチューブを設置する治療を行うことがあります。

チューブを挿入することで切開した穴がふさがるのを防ぎ、継続的に中耳の換気を行うことができます。
挿入したチューブは2~3か月で自然と外れ、鼓膜の穴もふさがります。

滲出性中耳炎の原因

急性中耳炎の治療が不十分だったり、慢性の扁桃の炎症が耳管を通して中耳に侵入して発症します。
滲出性中耳炎は子供だけでなく、ご年配の方も発症しやすいと言われています。

ご家族で耳の聞こえが普段と違うなと思われる方がいらっしゃいましたら、滲出性中耳炎やその他の耳の疾患の可能性がありますので、耳鼻咽喉科へ通院させてあげてください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME